首のシワの生まれつきは治らない!?

シワの原因=加齢を連想する方が多いかもしれませんが、実は生まれつきある首のシワに悩んでいる人も結構多いのです。

生まれつき、ということは加齢が原因ではないので、体質や生活習慣によるものである可能性が高いです。

今回は、生まれつきある首のシワや、子供の頃からある首のシワにスポットを当て、その原因について探ってみたいと思います。

「自分のせいじゃない!!」とはいうものの…やっぱり気になる!!首のシワ

子供の頃から自分の首にあるシワを気にする人はまずいないと思います。

しかし、成長し自分の外見に気を使うようになる頃、様々なきっかけで急に自分の首のシワが気になりだします。

自分で気づくことももちろんあるでしょうが、他人から指摘されろことも少なくないでしょう。直接的に指摘されるのはもちろん傷つきますが、「童顔なのにやけに老けて見られると思ったら首のシワが原因だった!!」というのも、それはそれで気づいた時のダメージが大きい気がします。

生まれつきの首のシワは、本人の意思ではどうしようもない原因が長年にわたって蓄積されている場合が多かったりするので、加齢による首のシワとはまた違った難しさがあると思います。

では、生まれつき首にシワがあったり、子供なのに首にシワがある人には、どんな特徴があるのでしょう?

1.肥満体で生まれてきた

現在はそれほど太っていなくても、生まれた時普通の赤ちゃんより太っている場合、首回りについていた脂肪が段になってしまい、その時できたシワが癖になってしまい消えなくなってしまった、という説があります。

生後間もない赤ちゃんは多少なりとも全身がポチャポチャしていて、腕や脚などの節々に輪ゴムで止めたような段ができていますよね。

太っていると、段になった部分の食い込みがより深くなり、その分圧迫も強くなるというわけで、物理的に頷ける理由ですよね。

2.家族にも首にシワがある

やはり肉親なので体質や生活習慣が似ていることが多いのでしょう。

「お母さんも年齢の割に首にシワが多いし、お姉ちゃんや妹も子供だけどシワがある」というケースは結構多かったりするようです。

子供でも肌質は様々で、顔がニキビだらけの子もいれば乾燥肌の子もいます。

そうした、体質上の原因もあれば、親が子供に使わせる枕など、物理的な原因の積み重ねが原因になることもあります。

大人になってからはともかく、子供のうちは枕は親が選ぶことが圧倒的に多いですからね。

3.体型・姿勢の問題

体型のことを言い出してしまうと、もうどうしようも無いかもしれませんが、首が長い人はシワが目立ちやすいんだとか。ただ、首の長さに関してはもう「そんなこと言われても…」って感じですよね。

あと、身体的な理由として考えられるのはストレートネックといって、本来は湾曲しているはずの頚椎が、まっすぐな状態になってしまっている状態です。

ストレートネックは、頭の重みで、首の後ろの筋が緊張して縮んでしまうことによって起こります。すると、首の前側にたるみができてしまうので、結果それがシワとなって現れてしまうわけです。

首の関節がうまく機能してない場合も同様の理由で首の前側にたるみが生じることがあるので、 首の矯正、例えば整体や骨格矯正などや、首のマッサージを行うことによって、首の後ろの緊張がとれ、前側のしわを薄くできるのだそうです。

同じじゃダメ?生まれつきのシワと加齢によるシワの対処法

結論から言うと、生まれつきのシワは加齢によるシワと同じ対策では効かないことが往々にしてあるようです。

皮膚の老化が原因ではなく、骨格や体質などが起因しているので、その原因を根本から解決するとなると、かなり大変です。

ですが、首のシワが気になったら、やはりエイジングケアと共通するお手入れをしても損はないと思います。

それにプラスして、効果があったという意見が複数のネットユーザーから挙がっていたのが、美容オイルを使ったケア方法です。

確かに、肉割れ線や妊娠線を防止したり目立たなくするためにオイルを使うことは多いようですので、首のシワに効果があるというのも頷けます。

オイルの種類はいろいろなものが世の中に出回っているので、どれがいいと決まっているわけではないと思いますが、代表的なものとしてはセサミオイルやオリーブオイルなどが挙げられます。

そして、常に心掛けたいのは、首のシワを作りにくい姿勢です。

現代人はスマホを見たりPCを操作したりすることが多く、うつむいている時間が長くなりがちですが、なるべく意識して、あご下から首の部分までを緊張させ、シワができにくい姿勢を保つことが大切です。

こうした、一見地味な努力の積み重ねが、やがて実を結ぶはずです。

まとめ・気になった時がお手入れの初め時

冒頭にも書いた通り、子供の頃はたいして気にもとめなかった生まれつきある首のシワが、大人になるに従って気になり始める…それは女性として当然のことでしょう。

もちろん早めに気づいて対策するに越したことはないのですが、気づくのが比較的遅めの人も「気づいてラッキー!!」くらいの前向きな気持ちで対策していけば、きっと良い結果につながるでしょう。

生まれつきの首のシワが加齢によるシワと違っている点は「皮膚の老化が原因ではない」という点で、それが厄介なところでもあるのですが、悲観的にならずに、お手入れすれば今より悪くなることはない、と信じて頑張って下さい。