首イボを皮膚科治療!料金・薬・レーザー・液体窒素の治療方法は?

首イボの皮膚科での治療ってどんなことをするの?料金は?除去方法は?痛いのかな?薬はどんもの?など不安になっている方も多いと思います。そこで今回は、首イボの治療を皮膚科で行おうと検討されているかたにその治療方法や料金、皮膚科での除去方法、皮膚科での薬をまとめましたので、ご参考下さい。

首イボ皮膚科での治療方法

首イボを治したい場合、自分で行う方法以外に皮膚科を受診する方法があります。皮膚科の場合、専門医による診察と首イボにあわせた複数の治療法が用意されていますので、自分の状態を正しく知ることと適切な処置をしてもらえます。早速治療方法を見ていきましょう。

レーザー治療

レーザー治療には大きく分けて、炭酸ガスレーザー、YAG(ヤグ)レーザーの2種類方法があります。これは使用するレーザー自体が異なるため、適したイボの種類も異なります。イボの範囲や大きさによってこの2種類のレーザーを使い分けることになるので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

炭酸ガスレーザー:なんでも破壊・削るレーザー

炭酸ガスを気体化しレーザーとして照射するもので、照射された場所の細胞を蒸散という状態で除去することが出来ます。簡単に言えば、気体を照射して細胞を削り取ることができ、性角化症やスキンタッグなど大きな老人性いぼの場合でも簡単に除去できます。イボ治療で有名で、他にもほくろやシミ、シワ、ニキビ跡なども取り除いてくれる治療法です。ポコッと盛り上がったイボにも効果が期待できます。

細胞ごと除去することが出来るので感染性のウイルス性イボにも効果が高いですし、レーザーを調整すればピンポイントでの照射も可能です。これは最小0.05mm単位で照射できますので、小さすぎて他の治療法では取れないようなイボも取り除くことが出来ます。削る範囲や深さを調整することができるので、深く掘るとたった1回の治療でイボが取れる点も人気の理由です。

YAG(ヤグ)レーザー:黒や赤色の部分に反応するレーザー

肌の黒い部分や赤い部分に反応するレーザーをYAGレーザーやダイレーザーと言います。このレーザーの特徴は色にしか反応しない為、照射した場合でも正常な肌を傷つけることがありません。一度に広範囲に照射することが出来、尚かつ色の変わっている部分のみを治療できるため、イボが多い場合には効果的です。イボ治療以外にもシミやほくろ除去にも使用されますので、イボによる肌の色素沈着も改善することが出来ます。美容でいえば、脱毛にも使用されています。

1回の施術で複数のイボを取り除けるため、イボが多くない場合は通院の必要も無く施術後はすぐに帰宅することも可能です。痛みは一瞬チクッとする程度ですのでそれほど心配することは無いでしょう。費用はイボ1個あたりで5,000円~10,000円程度必要ですので、イボが多いほど治療費用が嵩むことになります。しかし施術後の再発も少なく色素沈着や傷跡が残ることも少ないのでその点はメリットとなります。

液体窒素による治療

液体窒素による治療法は、イボを凍らせて除去する冷凍治療と呼ばれる方法です。イボに直接液体窒素を付けて凍らせ治療するので、麻酔を使用することはありません。そのため多少の痛みを感じることもありますし、イボが大きいと痛みも強くなることが考えられます。

一度に処置できるイボの数は5個程度なので、数が多い場合は通院しながら少しずつ除去していくことになるでしょう。期間はイボの数にもよりますが、数ヶ月程度は必要だと考えておく必要があります。費用は保険適用で1回1,000円前後となりますので比較的安価に治療できます。冷凍するためイボの周りの皮膚にも影響が出て色素沈着を起こすことが多いので、この点はデメリットとい得るでしょう。

液体窒素での治療法は種類があるのでこちらにまとめました。治療法の選択肢として、医師とご検討ください。

①綿棒に液体窒素を付けて塗布する【綿球法】

液体窒素を用いた治療には綿球法という方法があります。これは綿棒に液体窒素を付けて、それをイボに対して押し当てる方法です。綿球法はピンポイントでイボに液体窒素を塗布することが出来るので、治療範囲を狭くし的確な治療を行うことが出来ます。

②スプレーで液体窒素を塗布する【スプレー法】

スプレー法は液体窒素を霧状にしてイボに噴霧する方法です。スプレーなので綿棒などを押し付ける必要がありませんし、広範囲にわたり治療を施すことが出来ます。イボの数が多い場合などには効果的な方法ですし、痛みも少ない治療法です。

③液体窒素に浸したピンセットで摘む【cryoforceps法】

cryoforceps法は小さなイボを除去する際に効果が高い治療法です。このcryoforceps法では液体窒素に浸したピンセットで直接イボを摘み取り除く方法となります。綿球法では除去が難しい小さなイボや、ピンセットの先で除去できるほどのイボであれば、cryoforceps法を用いる方が肌へのダメージも少なく痛みも軽減できます。

ハサミで切り取る治療法

ハサミで切り取る治療法は、医療用のハサミで直接イボを切除します。非常に良く切れるハサミを使用するため痛みなどはそれほど感じることは無い施術法です。イボの大きさによっては出血することもありますが、傷跡は残りにくく時間も短くて済みます。

費用は保険適用で1,000円程度の負担となることが多いですが、イボの大きさによってはそれ以上の費用がかかることもあります。麻酔を使用しないことも多いので多少の痛みでも我慢できない人や血が出るのが嫌な人にはデメリットを感じるでしょう。また、自分でハサミ除去を試みるとウイルス性イボの場合は感染症になる可能性がありますので注意しましょう。

薬(ヨクイニン内服療法)

薬による治療法は、他の治療とは異なり器具やハサミなどを一切使用しません。基本的にはイボに有効な成分であるヨクイニンなどを配合した薬を飲むことで、徐々にイボの状態を改善していく方法です。この薬による治療の場合、痛みなどは一切無いので施術をする時間が取れない・痛みが苦手な人にはオススメです。

ただし薬を飲んでも即効性は無いので、治療期間が長引くことが考えられます。費用も保険適用で1ヶ月で500~1,000円程度ですが、期間が延びれば延びるほど費用負担が多くなってしまいます。平均的な治療期間は人によって異なりますので違いがありますが、1年程度の長期に渡ると考えておかなければいけないでしょう。

切除手術

治療にかかる費用は保険適用で5,000~1,5000円程度が平均となっています。完治して傷が目立たなくなるまでには半年程度かかるので、その点を理解して手術を受ける必要があるでしょう。

切除手術はイボが大きい場合に行う治療法です。この手術の場合、イボを根元から切除してその部分を縫い合わせる必要があるので、麻酔を使用して行う施術となります。そのため時間も必要ですし術後のケアや抜糸も必要となり、一定期間皮膚科に通院することになります。

レーザー治療と液体窒素、どっちがおすすめ?

液体窒素を利用した治療なら保険診療内で受けることが出来ますので、負担額も少なくて済みますし複数のイボも一気に治療を受けることが出来ます。

ただ、液体窒素による治療は一瞬ですが痛みが伴いますし、完全にいぼが無くなるまで時間がかかるので短時間で確実に処置をしたいなら、医療レーザーを利用した治療方法もおすすめです。レーザーでイボを丸ごとくり抜いてしまうので再生しにくく、その場で処置が完了するので短時間で綺麗にすることが出来ます。

痛みの少ない首イボ治療は?

首イボ治療で気になるのはやはり痛みがあるかどうかでしょう。
治療法によって痛みは異なります。

レーザーやハサミの場合はほんの少し痛みを感じますが我慢できないほどではありません。液体窒素での治療は痛みがあります。切除手術は麻酔を使用するため、施術中は痛みを感じることは無く、麻酔が切れた後に痛みが残る程度です。

そのため、痛みが気になる場合はそれほど心配することは無いと考えて良いでしょう。特にどうしても痛みを感じたくない、と思う方は、薬(ヨクイニン内服)療法や、切除手術がオススメです。

皮膚科での首イボ治療まとめ

皮膚科での首イボ治療法についてまとめました。皮膚科に行く前の不安などは少し解消されたでしょうか。首イボ治療を皮膚科で行う場合、医師に相談することが一番です。相談することで自分に合った治療法を勧めてもらえるので、費用や期間を考えて選択することも可能となります。

まずは医師に相談することから初めて、自身の状態に合わせた治療方法を見つけると、今までの不安なども取り除けて、ストレスをため込むこともなくなりそうですね。